現在の閲覧者数: FC2 Blog Ranking

スポンサーサイト

Posted by わんちょ on --.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今を変えるための意志と恐れ。勇気と躊躇い

Posted by わんちょ on 17.2012 0 comments 0 trackback
大学を就職留年しているわし。

今まで入っていたゼミも教授が退職した為ゼミは無所属という形になってしまいました。

勉強はしたい

でも何をやりたいかわからない。

そんな状態であった。


そんな今日3限の授業で初めて出会った教授。

昼食を抜き久々にベンチプレスをし

非常に眠い状態でした。


でも授業が非常に面白くこの先生の下で勉強がしたいと本気で思えました。



なので勇気を出して先生のゼミに入れないかダメ元で直談判!
(本来ゼミに所属するためには事前に課題を行い面接を行い認められなければ参加できません。)

わんちょ「先生のゼミに参加させていただくことは出来ませんか?」

先生「君所属のゼミは?」

わんちょ「○○先生でしたが定年退職なされたためゼミには入っておりません。でも先生の下で勉強したいんです。」

先生「わかった。じゃあこの後のゼミにおいで」


奇跡でした。イレギュラー中のイレギュラーです。

勉強したいという意志が恐れを越えたときに行動ができました。


そして教授のゼミの部屋に行くと・・・男女合わせて40人ぐらいの大きなゼミでした。しかもリア充ゼミ・・・・


前に入っていたゼミは男だけ14人だったのでショックでした笑

ゼミは2~4年生で構成され2年生から入り3年4年とずっとやり続けるものです。

なので異分子の自分に突き刺さる視線「誰だコイツ・・・・・」

それもそのはず顔なじみのみんなの中自分だけが見たこともない人間ですからorz

しかも自分は四年生なのでいきなり最高学年で扱いにも困るみたいですorz

でもやっぱり勉強がしたかった。

だから帰りたくなる衝動を抑えて前に進むことにしました。

そして始まる3時間のゼミ。

前半1時間30分は今後のゼミの流れで着いていけずに非常に気まずい・・・・

そして後半は班分けされてのテーマ別の議論でした。


幸いなことに班分けにうまく混ぜて頂いたので、同じ班の方にできるだけ明るくこちらから声をかけ、仲良くなろうと頑張りました。


ありがたいことに穏和な方が多く

自分のことを受け入れてくださり

どうにかうまく溶け込むことができました。

ゼミが終わったあとの感想としては・・・・

楽しかった!ワクワクした!しかも飛び入りなのに教授が一年間面倒を見てくださるとのこと!
勇気を出して良かった!
お読みくださりありがとうございます!
スポンサーサイト
Category : 大学orz


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://wanchojishukisei.blog2.fc2.com/tb.php/896-8e5f7dc4
▲ top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。